アーツ前橋

イベント

ダンスカンパニー ときかたち 滞在制作

2018.2.5 - 2018.3.25

アーツ前橋では、昨年度に引き続き、群馬県にゆかりがあり前橋で滞在制作を行うアーティストを公募しました。今年度は、より充実した滞在制作の機会を提供するため、滞在期間を長く設定、また若いアーティストにも滞在制作の機会を与えるため、プログラムA:「群馬県にゆかりがあり、30歳以下のアーティスト」とプログラムB:「年齢制限なく、群馬県にゆかりのあるアーティスト」の2つのプログラムでアーティストを公募しました。県内外や国外から計9件の応募がありました。4名の審査員による審査を経て選ばれた、ダンスカンパニーときかたちを2018年2月5日から前橋に招聘します。

ダンスカンパニーときかたちは、尾花藍子主宰のダンスプロジェクトとして、2015年より発足。2017年10月、長期プロジェクトの第一弾として『路を辿る』を開催し、本滞在ではこのプロジェクトを発展させ、韓国・ソウルのSeoul Art Space GEUMCHEON(韓国衿川区)のアーティスト・イン・レジデンスにてブラッシュアップが予定されています。
2018年3月17日(土)、18日(日)にはパブリックプログラムを予定しています。(随時HPにて情報更新)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■  滞在期間:2月5日(月)〜3月25日(日)
■  滞在場所:竪町スタジオ(前橋市千代田町2-4-1) 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

※  公募の審査員による講評は下記のページよりご覧いただけます。
 http://www.artsmaebashi.jp/?p=9043

 

■  招聘アーティストプロフィール

プログラムB:「年齢制限なく、群馬県にゆかりのあるアーティスト」 招聘アーティスト
ダンスカンパニーときかたち Dance Company “TOKIKATACHI”

招聘期間
2018年2月5日(月)〜3月25日(日)

 プロフィール写真 ときかたち アーツ前橋AIR

尾花藍子主宰のダンスプロジェクト。2015年より発足。メンバーである群馬県高崎市出身の安藤暁子らと共に、東京都墨田区のシェアハウス&スタジオ〈LAB83〉を拠点に活動を展開。http://tokikatachi.com

尾花藍子
ダンスカンパニー〈ときかたち〉主宰。 シェアハウス&スタジオ〈LAB83〉代表。美大絵画学科卒業後、身体を使った行為表現を路上で始める。美術・プロジェクト作品発表を経て、近年は主に振付家・演出家として活動。「環境に振け付られる身体」を軸に、文化的背景を内包した様々な「場」で作品を創作。各々の表現媒体の特徴を活かし、表現や思考の可能性を広げる活動を展開。若手演出家コンクール2014ノミネート。横浜ダンスコレクション2016コンペティションⅠファイナリスト。http://apiece7.blogspot.com

 

■これまでの作品

ダンス作品
『線を重ねて水が輝くなら』アーツ前橋AIR

ダンスカンパニーときかたち単独公演
『線を重ねて水が輝くなら』@STスポット横浜/神奈川県 2015年 Photo:bozzo


プロジェクト作品
『風と朝と夜。』アーツ前橋AIR

アサヒ・アート・フェスティバル コザクロッシング2013参加 滞在制作 沖縄黒人外ツアー型作品
『風と朝と夜。』@コザ銀天街、照屋公園、黒人街廃墟/沖縄県 2013年 Photo:Toyozato Tomoyuki

 

この記事を友人に紹介する