アーツ前橋

展覧会

やなぎみわ展 神話機械

2019.04.19 - 2019.06.23

 1990年代から現在に至るまで、現代美術のみならず演劇界でも忘れられない作品を発表してきた美術家やなぎみわ(1967~)。〈エレベーター・ガール〉で最初に注目を浴び、〈マイ・グランドマザーズ〉や〈フェアリー・テール〉といった一連の写真作品で世界的に評価を受け、2009年には第53回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表となりました。
 その一方で、翌2010年には本格的に演劇プロジェクトを始めます。大正期の日本を舞台に、新興芸術運動の揺籃を描いた「1924」三部作で話題を集め、特に2014年台湾で製造したステージ・トレーラーを母体に2016年から日本各地を巡礼する野外劇は大きな感動を与えました。その舞台作品と並行して制作した、日本神話をモチーフに桃を撮影した新作シリーズを展示します。また本展に向け、京都、高松、前橋、福島の大学等と連携した「モバイル・シアター・プロジェクト」が立ち上がり、マシンによる神話世界も展覧会場に生み出されます。

 美術と舞台の両極を往還することで生まれるやなぎ作品は、スペクタクル性とドキュメンタリー性が交錯し、虚実を幾重にも越境していくものです。待望された10年ぶりとなる本展では、これまで以上にやなぎの汲み尽くせぬ創造の泉に迫ります。

————————————————————————————————————————-

会期:2019年4月19日(金)―6月23日(日)

開館時間:10時~18時(入場は17時30分まで)※4月から開館時間を変更しました
     ※5月17日(金)、18日(土)はパフォーマンス開催のため17時に閉場

休館日:水曜日 ※5月1日(水・祝)は開館、5月7日(火)を閉館

観覧料:一般600円/学生・65歳以上・団体(10名以上)400円/高校生以下無料
   ※障害者手帳等をお持ちの方と介護者1名は観覧無料
   ※5月12日は「母の日」のため観覧無料
   ※『MM』セット割:パフォーマンスチケットと同時購入された方は観覧料400円

会場:
アーツ前橋 地下ギャラリー

主催:アーツ前橋、読売新聞社、美術館連絡協議会

協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網、JAふくしま未来、JAグループ福島

協力:京都造形芸術大学、京都工芸繊維大学ROBOCON挑戦プロジェクト、香川高等専門学校、群馬工業高等専門学校、福島県立福島工業高等学校、一色事務所、堀内カラー

後援:上毛新聞社、群馬テレビ、FM GUNMA、まえばしCITYエフエム、前橋商工会議所

企画協力:一般社団法人MIWA YANAGI OFFICE

————————————————————————————————————————-

【作家略歴】
1967年神戸市生まれ。1991年京都市立芸術大学大学院(工芸専攻)修了。
1990年代半ばより、若い女性をモチーフに、CGや特殊メークを駆使した写真作品を発表し、制服を身につけた案内嬢たちが商業施設空間に佇む〈エレベーター・ガール〉、2000年より女性が空想する半世紀後の自分を写真で再現した〈マイ・グランドマザーズ〉、少女と老婆が登場する物語を題材にした〈フェアリー・テール〉シリーズ等により国内外で個展多数。
2009年第53回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表、2010年より演劇プロジェクトを始動。大正期の日本を舞台に新興芸術運動の揺籃を描いた「1924」三部作(2011-12)を美術館と劇場双方で上演し話題を集めた。あいちトリエンナーレ2013にて上演した「ゼロ・アワー 東京ローズ最後のテープ」は2015年アメリカ・カナダを巡回した。
横浜トリエンナーレ2014を皮切りにステージトレーラー・プロジェクトが立ち上がり、2016年には野外劇「日輪の翼」となって横浜・新宮・高松・大阪への移動公演を行った。2018年高雄市美術館(台湾)の国際企画展に招待され、新作写真〈女神と男神が桃の木の下で別れる〉等を発表した。

②《次の階を探してⅠ》(部分)
《次の階を探してⅠ》(部分)1996年 高松市美術館蔵

③《My Grandmother:MINEKO》(部分)
《My Grandmothers:MINEKO》2002年 高松市美術館蔵

④《untitledⅡ》
《UntitledⅡ》2004年 アーツ前橋蔵

⑤《XXXS-XXXL》
《XXXS-XXXL》2010年 株式会社資生堂蔵 撮影:山本糾

⑥《桃を投げる》
《桃を投げる》2018年 作家蔵

⑦《神話機械・スケッチ》
《神話機械のためのドローイング》2018年 作家蔵

————————————————————————————————————————-

【関連イベント】

お問い合わせ・お申込みはアーツ前橋(tel.027-230-1144)まで
無料イベントの場合も、展覧会観覧券が必要です。

(1)ライブパフォーマンス『MM』 【予約販売は終了致しました】
構成・演出:やなぎみわ 出演:高山のえみ 音楽:内橋和久
日時:5月17日(金)・18日(土) 19時30分開演(19時15分開場【15分遅く変更となりました】)
会場:アーツ前橋 地下ギャラリー
参加費:1,500円(3月15日より総合案内にて予約販売・電話予約可)
定員:先着各回70名
※本公演はオールスタンディング形式となります。上演中もどうぞ移動しながらご覧ください。
お身体が不自由な方や、お席が必要な方はベンチシートをご利用ください。
※上映時間1時間程度
※5月17日(金)終演後にアフタートークあり
※未就学児童のご入場はご遠慮ください
※本プロジェクトは、JSPS科研費JP17H00910に関連する作品です
【当日券について】
17日・18日ともに(若干数)当日券がございます。
*開演時間の30分前(19時)より、受付にて販売致します。
*整理券の配布などはございません。

DSCF0145
撮影:表恒匡 提供:高松市美術館

(2)やなぎみわ講演会
日時:5月19日(日) 14時~15時30分
会場:アーツ前橋 スタジオ
参加費:無料(要電話申込)
定員:先着40名

(3)ロボット教室【終了しました】
「モバイル・シアター・プロジェクト」のマシン製作に協力した、群馬工業高等専門学校の、
NHKロボコン全国大会に出場したロボット展示や操縦体験を行います。
日時:5月11日(土) 14時~16時30分
会場:アーツ前橋 スタジオ
対象:小学生以下(未就学児は保護者同伴)
参加費:無料(要電話申込)
定員:先着30名

(4)ギャラリートーク
日時:5月12日(日)、6月1日(土) 14時~15時

参加費:無料(申込不要、直接会場へ)

(5)おしゃべりアートデイズ
作品をじっくり鑑賞して感じたことを自由に語り合うプログラムです。
日時:6月3日(月)~6月9日(日) 平日は14時~14時30分、土日は11時15分~11時45分
参加費:無料(要電話申込、要観覧券)

————————————————————————————————————————-

【お問い合わせ・お申込み】

アーツ前橋
TEL: 027-230-1144
FAX: 027-232-2016
E-mail: artsmaebashi@city.maebashi.gunma.jp

 

この記事を友人に紹介する