アーツ前橋

ニュース

ご来館のお客様へ(新型コロナウィルス感染症拡大予防関連)

【2020年3月30日 更新】

アーツ前橋の休館延長と展覧会会期変更等のお知らせ

アーツ前橋は当面の間休館を延長します。また、以下のように事業を変更/延期/中止しますので、ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。
なお、ミュージアムカフェ(ロブソンコーヒーアーツ前橋店)は継続営業いたします。

感染症拡大の状況次第ではさらに変更する場合もございます。最新の状況につきましては、随時お知らせいたします。

【展覧会/イベントの変更】

・「廣瀬智央 地球はレモンのように青い」展(同時開催:収蔵作品展)の会期変更
 2020年4月10日(金)~6月14日(日)→4月24日(金)~6月28日(日)

・4月11日(土)対談「オープニングトーク  椹木野衣×廣瀬智央」→6月27日(土)

・4月19日(日)すてきな子供たちによる弦楽アンサンブル=すみれ→延期

・4月17日(金)、18日(土)おしゃべりアートデイズ→中止


2020年3月30日 
アーツ前橋

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【2020年3月3日】


アーツ前橋は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、3月4日(水)の休館日以降、
3月5日(木)から3月31日(火)まで休館します。
なお、ミュージアムカフェ(ロブソンコーヒーアーツ前橋店)は継続営業いたします。

また、2月27日付でお伝えした各イベントの中止/延期についても今後ウェブサイトで告知する予定です。
まだ県内の感染者が確認されていない段階ではありますが、市の方針として未確認の感染拡大を防ぐための措置となりました。

3月15日まで開催を予定しておりました「前橋の美術2020―トナリのビジュツ―」におかれましては、多くの作家の皆さんに参加いただいており、展覧会を途中で休止するのは大変残念なことです。
また、当館には、非常時の美術館の役割を考えた《静のアリア》も設置されています。しかし、多くのスタッフによって成り立ち、それぞれの生活において、あるいは見えない感染者に対して覚える不安もある現状では、シェルターの役割を保つのは難しいと考えました。

お客様には大変ご不便ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
一日も早い事態の収束と皆様の健康をお祈り申し上げます。


なお、最新の前橋市の状況等につきましては、次のリンクを参照してください。
新型コロナウイルスに関連した肺炎について(前橋市サイト)


2月27日付でお伝えしました各イベントの中止/延期などの情報は下記をご覧ください。

中止する事業
【前橋の美術2020関連】
3月7日(土)ギャラリートーク
3月14日(土)ギャラリートーク
【表現の森関連】
2月29日(土) 表現の森 中島佑太×南橘団地ワークショップ「砂漠」(南橘公民館)

延期する事業 ※開催時期未定
【前橋の美術2020関連】
2月29日(水)シンポジウム「前橋のつながり」
3月1日 (日)ニャムコム天笠恵子パフォーマンス「昭和少女」
3月14日(土)ダンス:Abe”M”ARIA「—トナリのビジュツ—界隈で踊る」
3月15日(日)市民と出品作家の集いのトーク

縮小して開催する事業
【前橋の美術2020関連】
渡邊辰吾《doors》:3月1日(日)のみ展示


 

この記事を友人に紹介する