アーツ前橋

ラーニング

あーつひろば「ゆかいな植物:わたしの葉っぱとみんなの花」

ARTSHIROBA_624x347

「あーつひろば」はアーツ前橋でアートを鑑賞したり、工作を楽しんだり、アーティストと一緒に活動したり…ひろばのように色々な体験ができるイベントプログラム。 子どもも大人も自分の中の「アート」を発見しよう!

————————–
■ 日程
11月29日(日)13:00~16:00

————————–

■ 体験できるプログラム

造形ワークショップ「ゆかいな植物:わたしの葉っぱとみんなの花」

捨てられそうなものを再発見・再利用した材料で「わたしの葉っぱとみんなの花」を作ります。古いロープから繊維を取り出した材料と、参加者が持参した「いらないけど捨てられない材料」で作ったものを合体させて「ゆかいな植物」を作り、アーツ前橋 1階 交流スペースに展示します。誰かが不要としたものでも見かたを変えればステキなものになります。ものの魅力と資源の大切さを楽しみながら感じてみましょう!

時 間:13:00~16:00
会 場:アーツ前橋 スタジオ
対 象:子ども~大人(未就学児、小学校低学年の児童は保護者同伴)
定 員:8人(8組)グループやご家族での参加ご希望の方はご人数をお知らせください。
参加費:無料
持 物:「いらないけど捨てられない材料」※
申 込:アーツ前橋へ電話(027-230-1144)事前申込制・先着順
申込締切日:
11月27日(木) 17:00(定員に達し次第締め切ります)

※「いらないけど捨てられない材料」とは、遊んだり集めたりして手元に残ってしまった物のうち捨てるにはもったいない物のことです(例:古紙・おもちゃ・消しゴム・ガチャガチャ(玩具)・シール・貝殻・流木・リボン・ボタン・ビーズ・押し葉・木の実・そのほか)

※制作した作品はアーツ前橋で展示しますので、当日はお持ち帰りいただけません。わたしの葉っぱは展示終了後に希望者に返却できます。

講 師:半谷学(はんがい・まなぶ)

美術家・半谷学(1963~ )の作品は、見慣れた自然を題材に選びながら環境問題についての考察を含ませるものが多く、社会から見捨てられたものを独自の技法で蘇らせている。不要なものが抱える「負のイメージ」を視点を変えて「美のイメージ」に昇華することを創作の基礎として、個展での作品発表のほか、国内外のアートプロジェクトへの参加、パブリックアートとして各地の公共空間への作品の設置、環境問題を楽しく考える造形ワークショップなどに注力している。2003年より群馬県みなかみ町と出身地の北海道帯広市に拠点を構えて美術活動を続けている。

(過去の展示作品)

(今回の展示イメージ)

 

【新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を行っています】
※こまめな換気や消毒液の設置などの措置を行い、参加者同士の間隔をあけて実施いたします。
※当日は検温と緊急連絡先の記入をお願いしております。参加の際はマスクをご着用ください。
※当日体調に不安のある方は参加をご遠慮ください。

————————–

■ お問合せ
アーツ前橋 「あーつひろば」係
371-0022 群馬県前橋市千代田町5-1-16
TEL 027-230-1144  FAX 027-232-2016
Eメール artsmaebashi@city.maebashi.gunma.jp

この記事を友人に紹介する