アーツ前橋

展覧会

聴く-共鳴する世界

2020.12.12 - 2021.03.21


本展は、聴く行為を通して世界と関わる実践を芸術作品によって紹介します。何を、どのように聴いているのかに私たちの意識を向けることで、それまで気づかなかった出来事を再認識させる作品が近年注目されています。

私たちは何をどのように聴いているのでしょうか。これまで聴かれてこなかった音や声に耳を傾けるにはどうすればいいのでしょうか。

聴こえてくるのは言葉だけではありません。私たちは地球上のさまざまな存在に耳を傾けられます。聴くことに意識を向けると、自分たちが互いに依存し合う存在であることがきっと実感できるはずです。一人称ではなく二人称によって私たちは自分のことを知るのかもしれません。このことに気づくと、聴くことは音楽だけでなく、人類学や歴史学から権利要求やケアの実践、つまり政治/福祉/環境などの領域ともむすびつきます。

この展覧会を通して、あなたも複数の声が響き合う世界にぜひ耳を傾けてみてください。



会期
:2020年12月12日(土)~2021年3月21日(日)

開館時間:10時~18時(入場は17時30分まで)

休館日:水曜日、年末年始(2020年12月28日~2021年1月4日)

観覧料:一般 500円/学生・65歳以上・団体 300円/高校生以下無料
    ※ 障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料 
    ※ 2021年1月9日(土) 前橋初市まつりの日は無料

主催:アーツ前橋

助成:公益財団法人 花王芸術・科学財団、財団法人 國家文化芸術基金會

協力:前橋シネマハウス、東風

後援:上毛新聞社、群馬テレビ、FM GUNMA、まえばしCITYエフエム、前橋商工会議所、オーストラリア大使館



出品作家
野村誠、恩田晃、アンジェリカ・メシティ、ワン・ホンカイ、小森はるか+瀬尾夏美、スン・テウ

関連上映プログラム参加作家
奥村雄樹、小森はるか+瀬尾夏美、想田和弘、坂上香

会場: 前橋シネマハウス (アーツ前橋上3階)

※上映の詳細は、決定次第、当館HPにて公開いたします。


 



アンジェリカ・メシティ 《母国語》 2017年 Photo: Bonnie Elliot

© Angelica Mesiti Courtesy the artist and Anna Schwartz Gallery




ワン・ホンカイ 《ボロム(風)/済州島、韓国》 2020年 Photo: Kyung-Duck Kang




恩田晃 《コラージュ・オン・カセット》 2018年





小森はるか+瀬尾夏美 《声の辿りー二重のまち》 2017年




奥村雄樹 《彼方の男》 2019年
Courtesy of MISAKO & ROSEN, Tokyo and LA MAISON DE RENDEZ-VOUS, Brussels




坂上香 《プリズン・サークル》 2019年 © 2019 Kaori Sakagami


【関連イベント】

①上映プログラム
日時:2020年12月12日(土)、12月26日(土)、2021年1月30日(土)、3月20日(土) 
   ※上映作品、スケジュールなどの詳細は当HPにて更新します。
会場:前橋シネマハウス シアター1(アーツ前橋上3階)  
参加費:無料 *要観覧券、事前申し込み不要、先着順
    28席限定 (新型コロナウィルス感染防止対策のため席数限定)

②ギャラリーツアー
「館長によるツアー」
日時: 2021年1月23日(土) 14:00~15:00 

「担当学芸員によるツアー」
日時: 2020年12月19日(土)、2021年2月6日(土) 14:00~15:00 

会場:アーツ前橋 1階・地下展示室
参加費:無料 *要観覧券、事前申し込み不要
*新型コロナウィルス感染症の拡大状況により、中止・変更の可能性がありますので、当館HPまたはSNSで最新情報をご確認ください。

 


 

 


 

【お問い合わせ】

アーツ前橋
TEL: 027-230-1144
FAX: 027-232-2016
E-mail: artsmaebashi@city.maebashi.gunma.jp

この記事を友人に紹介する