アーツ前橋

イベント

フライデー・フード・シネマ【終了】

2016.12.2 - 2016.12.23

食にまつわるドキュメンタリー映画を8本上映します。

遠く離れた国の台所や最先端の料理、遺伝子組み換えによる食の安全など、現代における様々な食の側面を鋭く切り取った世界各国のドキュメンタリー映画8本をご紹介します。スクリーンを通して、私たちの身体をつくる食べもの、食べることと私たちのつながりを感じてみて下さい。現在、アーツ前橋で開催中の企画展「フードスケープ 私たちは食べものでできている」とあわせてお楽しみください。

日 時:12月2日(金)、9日(金)、16日(金)、23日(金・祝)13時から/19時から
場 所:シネマまえばし(前橋市千代田町5-1-1  アーツ前橋と同じ建物の3階)
鑑賞券:800円
 以下のいずれかの条件でご来場の方は、料金が500円になります。
 ※アーツ前橋企画展「フードスケープ 私たちは食べものでできている」のチケットお持ちの方
 ※メンバーシップ会員証をお持ちの方
 ※高校生以下の方(学生証のご提示をお願いする場合があります)
 ※障害者手帳をお持ちの方と介護者1名
定員:各回先着100名

 

上映作品

12月2日(金)
上映時間:13:00

02_toshiwotagayasu.jpeg
© Edible City

タイトル:都市を耕す -エディブル・シティ
監督:アンドリュー・ハッセ
制作年:2014
国:アメリカ
時間:56
製作:イーストピクチャーズ
説明:場所はサンフランシスコ、バークレー、オークランドの3都市。経済格差の広がる社会状況を背景に、新鮮で安全な食を入手するのが困難な都市で、市民自らが健康で栄養価の高い食べ物を手に入れるシステムを取り戻そうとさまざまな活動が生まれて行く。そして、一人一人の活動がコミュニティを動かす力となり、社会に変化をもたらす。

12月2日(金)
上映時間:19:00

01_iitate.jpeg

タイトル:飯舘村の母ちゃんたち 土とともに
監督:古居みずえ
制作年:2016
国:日本
時間:95
製作:映画「飯舘村の母ちゃん」制作支援の会
説明:菅野榮子(かんの・えいこ)さんは79歳。孫に囲まれた幸せな老後を送るはずが、福島第一原発の事故で一転する。榮子さんが暮らす福島県飯舘村は全村避難となり、ひとりで仮設住宅で暮らすことになった。支えは親戚であり友人の78歳の菅野芳子(かんの・よしこ)さんだ。芳子さんは避難生活で両親を亡くし、ひとりで榮子さんの隣に移ってきた。「ばば漫才」と冗談を飛ばし、互いを元気づける、2人の仮設暮らしが始まった。


12月9日(金)
上映時間:13:00

03_papa.jpeg

タイトル:パパ、遺伝子組み換えってなぁに?
監督:ジェレミー・セイファート
制作年:2013
国:アメリカ、ハイチ、ノルウェー
時間:85
配給:UPLINK
説明:アメリカで3人の子どもを育てるジェレミー・セイファート監督が、子どもたちの食の安全を守るべく、遺伝子組み換えの真実に切り込んだドキュメンタリー。わたしたちの食べものの未来をコントロールしているのは一体誰なのだろう?遺伝子組み換え食品(GMO)をめぐる、オー・マイ・ゴッド(Oh! My God)なロード・ムービー。


12月9日(金)
上映時間:19:00

04_seija

タイトル:聖者たちの食卓
監督:フィリップ・ウィチュス、ヴァレリー・ベルト
制作年:2011
国:ベルギー
時間:65
配給:UPLINK
説明:インドの寺院で500年以上続く無料食堂の舞台裏に迫るドキュメンタリー。巡礼者らに毎日10万食分の豆カレーを提供するハリマンディル・サーヒブ(黄金寺院)。宗教も人種も関係なく誰もが平等にお腹を満たすことができる「聖なるキッチン」を映し出す。


12月16日(金)
上映時間:13:00

05_mirai.jpeg

 

タイトル:未来の食卓
監督:ジャン=ポール・ジョー
制作年:2008
国:フランス
時間:112
配給:UPLINK
説明:南フランス・バルジャック村のショーレ村長は、子供のたちの未来を守るべく“学校給食と高齢者の宅配給食をオーガニックにする”という試みに挑戦した。癌や糖尿病などの生活習慣病の70%は、食習慣を含む環境に原因があると言われているヨーロッパ。食卓から始まった小さな奇跡が人々の幸せを紡いでいくドキュメンタリー。


12月16日(金)
上映時間:19:00

06_iran.jpeg

タイトル:イラン式料理本
監督:モハマド・ジルワーニ
制作年:2010
国:イラン
時間:72分
配給:アニープラネット
説明:新婚夫婦のキッチンから、ベテラン主婦の台所まで、さまざまなイラン人女性が披露する今晩の献立や、伝統的な家庭料理の作り方。そこから浮かび上がるのは、男と女、嫁姑、家族というドラマ、そしてイラン社会の“今と昔”。さまざまな思い出とともに引き継がれる家庭料理は、笑いと涙というスパイスによって、味わい深く熟成されていく。


12月23(金・祝)
上映時間:13:00

07_foodinc.jpeg
©Participant Media

タイトル:フード・インク
監督:ロバート・ケナー
制作年:2008
国:アメリカ
時間:94
配給:アンプラグド
説明:外国産食品が安いのはなぜ? 観ればわかる、おかしな食品業界のカラクリ!体にいいオーガニック・フードと、スーパーに並ぶお手頃価格の“フード”。同じ食品でも価格にこれほど差があるのはなぜなのか?その理由は、農業自体が巨大企業になってしまった異常な食事情にあった……。


12月23日(金・祝)
上映時間:19:00

08_noma.jpeg
Photo by Pierre Deschamps ©2015 DOCUMENTREE FILMS LTD

タイトル:ノーマ、世界をかえる料理
監督:ピエール・デュシャン
制作年:2015
国:イギリス
時間:99
配給:ロングライド
説明:「世界ベストレストラン50」第1位に4度選ばれた名店noma(ノーマ)これまでにない北欧料理を生み出し、料理界に革命を起こした天才シェフ、レネ・レゼピ。ある事件による1位転落から、再び世界の頂点に立つまでの復活劇に密着したドキュメンタリー。

この記事を友人に紹介する