アーツ前橋

ニュース

アーティストインスクールパイロット事業(前橋市内の学校対象)【終了】

 ■事業概要
アーティストが市内の学校へ出向き、ワークショップや授業を行います。将来の地域や文化を担う児童・生徒たちとアートや学校にある魅力を通じて交流することで、そこから新たにその学校、日常、社会について共に考え、発見していくことを目指していきます。美術や図工だけでなく他教科や他分野とも連携しながら実施する、アーツ前橋初の試みです。今年度は、パイロット事業として実施することで記録と検証を行い、次年度以降の事業や広報に活かしていきます。

*本ページでは、学校で行う事業の紹介をしています。一般の方はご参加いただけませんので、予めご了承ください。

■今年度の実施予定校及び概要
(1)群馬県立勢多農林高校 × ジル・スタッサール
日時:1/11(水) 13:30~15:20の2コマ
対象:フードスケープ展のオリジナルサンドイッチの生産者の1つである農業部の学生10名
   フードデザインコースの学生5名程度
内容:今回のサンドイッチのコンセプトやこれまでのアーティストの活動を紹介するトークとワークショップ、他の生産者との交流会を実施。12/12に学生は来館し、展覧会を鑑賞しました。
 gilles
ジル・スタッサール/Gilles STASSART
アーティスト、料理人。1967年フランス、ヴェズレー生まれ。
伝統的なフランス料理界において、現代アートと料理の新たな関係を提案し続けるジャーナリスト、文筆家でもある。1998年から2007年、フランスの美術雑誌『Beaux Arts Magazine』にキュリナリー・アート欄を提案すると共にすべての記事の編集を手掛ける。主な著書に、『ムノーとギッシンジャー 対話』(2000年、Woodstock Edition)、『600℃』(2012年、Éditions du Rouergue)などがある。2005年から2008年にはヴィトリー・シュール・セーヌ市立現代美術館 Mac/val のレストランLe Transversalのアートディレクターを務め、 2009年から2011年には、パリ市現代美術館パレ・ド・トーキョーの屋上にローラン・グラッソによりデザインされた期間限定レストランNOMIYAのシェフを務めた。近年は、映画『Inside Fried Chicken』をパリと前橋を拠点に制作中。
http://gillestassart.com/

 

(2)前橋市立月田小学校 × 石坂亥士
日時:1/19(木)、1/26(木) 10:45~12:20の合計4コマ
対象:2年生11名。他の学年や保護者も部分的に参加予定です。
内容:既存の2年生の楽器を作る図工の授業に、アーティストが参加。アーティストの生演奏を聞き、世界各国の楽器に触れて体験することから発想を広げ、身近な材料でオリジナルの楽器を創作します。最後は、作った楽器で即興ライブ(演奏会)をひらきます。
 ishizaka
石坂亥士/いしざか・がいし
神楽太鼓奏者、踊るパーカッショニスト。1971年群馬県桐生市生まれ。
日本の伝統芸能の中に脈々と流れる日本のスピリットを追求し、神楽太鼓、和太鼓、銅鑼、アフリカンドラム等を使った演奏活動を展開。94年より、地元桐生の神楽師として、太々神楽広沢連中に在籍。打楽器と身体の動きで言葉なしで会話するような演奏は、子どもから大人まで観るもの聴くものを惹きこんでやまない。アーツ前橋「表現の森 協働としてのアート」(2016/7/22-9/25)では高齢者施設で打楽器のリズムを通じて利用者と交流し、記録映像と使用した楽器を展示した。また、都内を中心に多数の学校を訪れ、子どもたちとワークショップを行っている。
http://www.dragontone.org/

 

*本事業は宝くじの助成金で実施いたします。

この記事を友人に紹介する