アーツ前橋

ラーニング

ロビーライブ vol.16 元たまのランニング【終了】

vol16

アーツ前橋で行う小さな音楽ライブ。県内で音楽イベントを企画している方をコーディネーターに迎え、様々なジャンルの音楽を紹介します。vol.16「元たまのランニング」では、バンド「たま」にてランニング姿でパーカッション・ボーカル担当の石川浩司によるソロライブを開催します。

日時:2018年3月31日(土) 13:00~/14:30~
場所:アーツ前橋 交流スペース(1階総合案内付近)
料金:無料 申込不要
vol.16コーディネーター:鈴木伸一


出演者

gurabia131-3 
撮影:北見智美

石川浩司

1961年(昭和36年)73日、東京生まれ。神奈川・群馬育ち。前橋の城東小学校(24)、敷島小学校(56)、前橋三中、農大二高出身。バンド「たま」にてランニング姿でパーカッション、ボーカル担当。90年さよなら人類でデビュー。同曲はヒットチャート初登場1位となり、同年レコード大賞新人賞等受賞。紅白等にも出場。たま現象という言葉も生まれ「現代用語の知識」にも掲載された。
現在はソロで出前ライブなどのギター弾き語り及びバンド「パスカルズ」「ホルモン鉄道」「イシマツ」などで活動。セッションも灰野敬二からふなっしーまでジャンル問わず活動。 パスカルズもフランスのカレッジチャートにて『ムーンリバー』で1位を獲得し、現在もヨーロッパを中心に頻繁に海外ツアーを行っている。石川はパフォーマンス要素の強いパーカッションでシルク・ド・ソレイユからもオファーをもらう。近年の様々なライブ本数は年間100本近くを数え、これはたま時代よりも多い。201610代の女の子ふたりとアイドルユニット「えんがわ」も結成。
著述家としても旅行記、エッセイなど単独・共著で10冊以上の著作がある。映画・テレビ・舞台等にも役者などとして時折出演。2012年公開の大林宣彦監督映画『この空の花』では山下清役での出演。
また西荻窪のアートギャラリー雑貨店 (昨今「レンタルボックス」などと言われている店舗形態の元祖・オーナーは妻の石川ある)「ニヒル牛」のプロデュースも行っている。趣味では自分の飲んだ缶ドリンクコレクションが20数年間で約2万種類におよびおそらく世界一の暫定ギネス記録とも言われている。

この記事を友人に紹介する