アーツ前橋

展覧会

廣瀬智央 地球はレモンのように青い

2020.06.1 - 2020.07.26

ミラノを拠点に活動を続ける美術作家、廣瀬智央(1963-)の個展を開催します。1990年代から美術家として活動する廣瀬は、豆やパスタをはじめ誰もがよく知る日常の素材を用い、豊かさと貧しさ、人工と自然、ミクロとマクロなど相反する要素が共存する詩的な表現をおこなうことで知られています。

アーツ前橋では、屋上看板を用いた作品《空のプロジェクト:遠い空、近い空》(2013年)をきっかけに、2016年から19年間継続する母子生活支援施設の母子たちとの壮大なプロジェクトが進行しています。

美術館では20年ぶりの個展となる今回は、イタリア移住後の初期作品から近作、新作までを展観します。代表作のひとつ《レモンプロジェクト03》(1997年/2020年)は、3万個以上のレモンが床を埋め尽くしますが、使用したレモンを紙などに再生し、物質の循環にも目を向ける新たな試みを加えます。

本展は、異なる文化圏を横断する廣瀬の創作活動を通して、複雑で矛盾を抱えるこの世界と向き合う彼の姿勢に触れる機会となるでしょう。

—————————————————————————————————

【会  期】 2020年6月1日~7月26日(日) 48日間
       5月22日(金)~7月26日(日) 57日間
       4月24日(金)~6月28日(日) 57日間
       4月10日(金)~6月14日(日) 57日間
       ※アーツ前橋臨時休館に伴い、会期を変更しました。 

【開館時間】 10:00~18:00(入場は17:30まで)

【休 館 日】 水曜日 
       ※4月29日(水)、5月6日(水)は開館。4月30日(木)、5月7日(木)は休館

【会  場】 アーツ前橋 地下ギャラリー

【観 覧 料】 一般500円/学生・65歳以上・団体(10名以上)300円/高校生以下無料
      ※5月10日(日)は母の日のため無料
      ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名と児童扶養手当証書をお持ちの方は無料

【主  催】 アーツ前橋

【協  賛】 株式会社 資生堂 、株式会社原田・ガトーフェスタ ハラダ

【助  成】 公益財団法人朝日新聞文化財団、公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団

【協  力】 ウンベルト・ディ・マリーノ・ギャラリー、AGC株式会社、株式会社アート、株式会社虎変堂、
       株式会社ユニオン、桐生大学短期大学部アート・デザイン学科、小山登美夫ギャラリー、
       高砂香料工業株式会社、横浜ディスプレイミュージアム

【後  援】 イタリア大使館、上毛新聞社、群馬テレビ、FM GUNMA、まえばしCITYエフエム、前橋商工会議所

—————————————————————————————————

【作家略歴】 
1963年東京生まれ。現在ミラノと東京を拠点に活動。多摩美術大学卒業後にイタリア政府給費奨学生として渡伊。ポーラアート財団の研究奨学金を得てミラノ・ブレラ美術アカデミーを修了。2008年には、文化庁在外研修員としてニューヨークに滞在。水戸芸術館、広島市現代美術館、イタリアのペッチ現代美術館、ボローニャ近代美術館、オーストラリアのシドニー現代美術館など世界各地で展覧会多数参加。


《レモンプロジェクト03》1997年 Photo:Tadahisa Sakurai.   Courtesy Shiseido Gallery,Tokyo.  ©Satoshi Hirose


《ビーンズコスモス(タマ)》2017年 Photo:Kenji Takahashi.  Courtesy Tomio Koyama Gallery,Tokyo. ©Satoshi Hirose 


《空のプロジェクト:遠い空、近い空》2013年 Photo:Tartaruga  Courtesy Arts Maebashi,Maebashi.  ©Satoshi Hirose 


《無題(タマ)》2015年 Photo:Danilo Donzelli.  Courtesy Galleria Umberto Di Marino.  ©Satoshi Hirose 


《マーレ・ロッソ》1998年 Photo:Tartaruga.  Courtesy Sagacho Exhibit Space,Tokyo.  ©Satoshi Hirose

—————————————————————————————————

【廣瀬智央 アーティストインタビュー 8分】




【「廣瀬智央 地球はレモンのように青い」展 会場風景】









撮影:木暮伸也

—————————————————————————————————
【関連書籍】


作家の仕事を読み解くためのコンセプトブック、『Satoshi Hirose』刊行!

■A5版 2冊組 レモンイエローのフェルトケース入 400部限定
■bookⅠ: works 112ページ カラー
廣瀬智央の1991~2020年の仕事から作家自身がセレクトした作品をテーマ別に6つのセクションに分けて紹介。
■bookⅡ: essays & others 90ページ(予定) 1色
寄稿:住友文彦(アーツ前橋館長)、アンジェロ・カパッソ(美術批評家)、五十嵐純(アーツ前橋学芸員)
アルベルト・フィオーレ(美術批評家)によるインタビュー、掲載作品解説、CV、文献目録
■和英バイリンガル
■ブックデザイン:秋山 伸(edition. nord)
■編集:カワイイファクトリー|中山真理+原田環
■価格:3,750円+税(税込価格4,125円)
■トゥルーリングより2020年7月初旬刊行予定
■お問い合わせ:トゥルーリング truering@cawaiifactory.jp call. 03-3553-3668

—————————————————————————————————

【関連イベント】

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点より中止となりました対談「椹木野衣×廣瀬智央」および「中村政人×廣瀬智央」を収録により行いました。ぜひご覧ください。

対談「椹木野衣×廣瀬智央」 54分07秒

 

対談「過去・現在・未来 中村政人×廣瀬智央」 50分42秒





お問い合わせ・お申込みはアーツ前橋(tel.027-230-1144)まで[水曜日を除く10時~18時]

(1)対談「オープニング・トーク 椹木野衣×廣瀬智央」 ※中止となりました。

登壇者:椹木野衣(美術評論家・多摩美術大学教授)、廣瀬智央
日時:2020年4月11日(土)14:00~15:30  ※開館延期に伴い、日程が変更となりました。
   2020年6月27日(土)14:00~15:30 
会場:アーツ前橋 地下ギャラリー
定員:先着40名
参加費:無料(要観覧券)、要電話申込み

(2)対談「過去・現在・未来 中村政人×廣瀬智央」 ※中止となりました。
登壇者:中村政人(アーティスト・東京藝術大学教授)、廣瀬智央
日時:2020年5月24日(日)14:00~15:30
会場:アーツ前橋 地下ギャラリー
定員:先着40名
参加費:無料(要観覧券)、要電話申込み


(3)対談「僕らの現代美術黎明期 村上隆×廣瀬智央」 ※中止となりました。
登壇者:村上隆(アーティスト)、廣瀬智央
日時:2020年6月6日(土)14:00~15:00
会場:アーツ前橋 スタジオ
定員:先着40名 
参加費:無料、要電話申込み

(4)すてきな子供たちによる弦楽アンサンブル=すみれ ※中止となりました。
日時:2020年4月19日(日)14:00開演
会場:アーツ前橋 地下ギャラリー
協力:前橋市内6ロータリークラブ
参加費:無料(要観覧券)、事前申し込み不要


(5)学芸員によるギャラリートーク ※中止となりました。
日時:2020年5月3日(日)、5月23日(土)14:00~15:00 
会場:アーツ前橋 地下ギャラリー
参加費:無料(要観覧券)、事前申し込み不要

(6)おしゃべりアートデイズ ※中止となりました。
日時:2020年4月17日(金)、18日(土)、 5月15日(金)、16日(土)14:00~14:30
会場:アーツ前橋 地下ギャラリー
参加費:無料(要観覧券)、要電話申込み

—————————————————————————————————









—————————————————————————————————

お問い合わせ・お申込み
アーツ前橋
TEL: 027-230-1144
FAX: 027-232-2016
E-mail: artsmaebashi@city.maebashi.gunma.jp

 

この記事を友人に紹介する