アーツ前橋

地域アートプロジェクト

キム・ジェミニ 〈ファクトリー・ラン・プロジェクト〉



アーツ前橋では、2019年度滞在制作事業にて招聘したアーティスト、キム・ジェミニと日韓両国で〈ファクトリー・ラン・プロジェクト〉を開始しました。
19世紀後半から現在にかけて存在した/する様々な工場についてリサーチを行い、実際に工場の跡地をランニングするパフォーマンス動画を撮影し、ウェブサイト上でリサーチ情報と共にアーカイブしました。また調査エリアを中心とした実際にランニングできるコースを制作しました。

このプロジェクトでは、失われていく工場の風景の記憶を通して、歴史と社会、機械と身体、生活と労働などの問題を考えようとしています。大きな2つの大戦を挟みながらも、希望に満ちた未来を見つめ工場で働いていた人たち。近代から現代への激しい社会変化の中で見失われがちな、そのかつての輝かしい記憶を、走ることを通じて心に留めようと提案します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《インビジブル・ファクトリーズ》
http://invisiblefactories.com/

このウェブサイトでは、日韓両国での調査情報を地図上にアーカイブしたものやランニングコース、寄稿などをご覧いただけます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〈ファクトリー・ラン・プロジェクト〉

2021年3月下旬より、アーツ前橋及び前橋市内数か所で配布。
また、以下のリンクからどなたでもダウンロードいただけます。

 

ランニングマップ 前橋/日本(PDF)
ランニングマップ 韓国/京仁(PDF)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■アーティスト プロフィール

キム・ジェミニ Kim Gemini

geminikim2_photo by artist

1975年生まれ。韓国を拠点に活動。2009年チェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(ロンドン藝術大学), ファインアート修士課程修了。韓国と東アジア諸国でポスト植民地研究に取り組んでいるリサーチベースのアーティスト。朝鮮民主主義人民共和国からの難民の子供として、仁川(インチョン)が小村から工業団地へと急速に変化していくのを目撃する。証拠を集め、その地域の人類の遺物を探し、同時にその経験から学びながら海外の移民のプロジェクトに取り組んでいる。近年の主な個展に、「What do the deer eat?」(2018年、京畿近代美術館/安山、韓国)、2016年「Sisters Act Korea」(2016年、ウリ美術館/仁川、韓国)など。


2019年度滞在制作
https://www.artsmaebashi.jp/?p=14041

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 助成:令和2年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業

この記事を友人に紹介する