アーツ前橋

地域アートプロジェクト

滞在制作 令和3年 群馬県ゆかりのアーティストを募集!【締切】

■目的
アーツ前橋では、前橋市で滞在制作(アーティストインレジデンス)を行う、群馬県にゆかりのあるアーティストを募集します。
アーツ前橋は、2013年10月の開館前よりアーティストによる滞在制作を実施しており、開館後の2014年から中心市街地の空きビルをスタジオ兼滞在場所として改修し、本格的に滞在制作を開始しました。
国内外からアーティストを招聘するとともに、2015年より群馬県にゆかりのあるアーティストを対象に公募を始めました。地元での作品制作に必要な空間と時間を提供し、招聘されたアーティストには、滞在制作の成果発表として最低1回のパブリックプログラム(展示、トーク、ワークショップなど形式は問いません)を行っていただきます(※)。また、アーツ前橋の滞在制作では、完成した作品だけでなく、滞在中に作品として実現するまでには至らなかったが、新たな経験や考える時間をもつことで生まれた作品のアイディアも重視しています。滞在中の活動や生まれた作品、アイディアなどを様々な人と共有することで、地域における文化芸術の振興を目指したいと思います。

※今年度は感染症対策を講じながら実施していただきます。

■応募要項

必ず応募要項をお読みいただき、内容を確認、了解のうえ、ご応募ください。
応募要項は下記よりダウンロードしてください。


【応募要項】(PDF形式、248キロバイト)

■応募受付期間

2021年8月20日(金)~9月25日(土)※当日消印有効

■招聘人数
1名、又は1組

■招聘時期
2022年1月10日(月)〜2月14(月)の期間のうち20日~30日

■  応募対象分野
群馬県にゆかりのあるアーティストであれば、表現の分野は問いません(アート、ダンス、音楽、映像、工芸、詩など)。

■応募資格について
応募資格は下記の通りです。

(1)   群馬県にゆかりがあるアーティストであること。また、現在群馬県内に在住の方でも構いません。(「群馬県ゆかり」の例:群馬県出身、群馬県内の大学を卒業など)(2)   応募要項に同意し、応募から事業終了まで責任を持って行えること。
(3)   期間中、前橋市に滞在できること。
(4)   広く芸術分野で活動している個人又はグループであること。
(5) 滞在期間初期に活動紹介のレクチャーを行うこと。
(6)   滞在期間中に滞在制作の成果発表として、最低1回はパブリックプログラムを行うこと。(ワークショップ、公開制作、展示、トークなど手法は問いません)
(7)   滞在期間中に実現に至らなかった作品やプロジェクトのアイデアを事務局と共有すること。(アイディアの著作権はアーティストに帰属します。)
(8)   健康状態が良好であること。
(9)   性別や国籍は問いません。

■選考について
提出していただいた応募用紙や添付資料をもとに、下記の3名の審査員により審査を行い、決定します。なお、審査結果は11月上旬に、アーツ前橋のウェブサイトにて発表いたします。

審査員 ※50音順
片山真理(アーティスト/平成27年アーツ前橋滞在制作招聘作家)
帆足亜紀(横浜美術館国際グループ兼学芸グループ グループ長/横浜トリエンナーレ組織委員会事務局副委員長補佐)
山重徹夫(中之条ビエンナーレ総合ディレクター)


※各審査員のプロフィールは応募要項をご覧ください。


■サポートについて

活動費:200,000円
※グループでの応募であっても、上記の金額となります。
※  活動費のお支払いは、パブリックプログラム終了後にお支払いいたします。

スタジオ及び宿泊場所の提供
交通費又は渡航費、滞在中の生活費、作品制作費、作品郵送費など、全ての制作活動に関わる経費を含みます。宿泊に関しては、アーツ前橋の滞在制作施設「竪町スタジオ」を無料(光熱水費、インターネットも無料)でご利用いただけます。
※ 竪町スタジオの図面や写真は下記よりダウンロードいただけます。

【竪町スタジオ 図面・写真】(PDF形式、679キロバイト)


■応募方法

(1)応募用紙を記入
下記より応募用紙をダウンロードし、応募要項の規定に従い記入してください。提出書類は、応募用紙と添付資料(ポートフォリオや映像のDVDなど)です。応募用紙と添付資料をA4クリアファイルにまとめ、提出してください。

【応募用紙】(WORD形式、26キロバイト)

【応募用紙】(PDF形式、105キロバイト)

※応募用紙はWORD版とPDF版を用意しています。※内容は同じものです

(2)応募書類などを郵送
応募用紙、添付資料を同封のうえ、下記まで郵送又は持参にて2021年9月25日(土)(当日消印有効)までに提出してください。なお、E-mailやFAXでの提出、締切を過ぎた書類は受理できませんので、ご了承ください。

アーツ前橋 滞在制作事業担当者 宛
〒371-0022 群馬県前橋市千代田町5-1-16

■これまでの滞在制作アーティスト(★群馬県ゆかりの作家滞在制作参加アーティスト)
2011年:照屋勇賢(日本/アメリカ)、ぺ・ヨンファン(韓国)
2013年:伊藤存(日本)、幸田千依(日本)、フェルナンド・ガルシア・ドリー(スペイン)
2014年:片山真理(日本)、ヘブン・ベク(韓国)
2015年:片山真理(日本)、木村崇人(日本)、ダラ・リーブス(イギリス)
2016年:木村崇人(日本)、★萩原留美子(日本)、★梅沢英樹(日本)
2017年:アンナ・ヴィット(ドイツ)、ルイサ・ウンガル(コロンビア)、ケレン・ベンベニスティー(イスラエル)、★衣真一郎(日本)、イルワン・アーメット&ティタ・サリナ(インドネシア)、★ダンスカンパニーときかたち(日本)
2018年:ゲートゲンス・ヒルシュ(ドイツ)、★羽山まり子(日本)、スン・テウ(ドイツ)、★尾花賢一(日本)
2019年:キム・ジェミニ(韓国)、カシャ・フダコウスキ(イギリス)、★三枝愛(日本)、飯沢康輔(日本)
2020年:榎本浩子(日本)、村田峰紀(日本)、劇団灰ホトラ(日本)

■応募に関するお問合せ
アーツ前橋(担当:池上、塚田)
Email: artsmaebashi@city.maebashi.gunma.jp

この記事を友人に紹介する