アーツ前橋

展覧会

生の軌跡ーTraces of Lifeー

2021.11.13 - 2022.3.6

アーツ前橋では収蔵作品を中心に、地域ゆかりの作家の作品や県内の美術館、コレクターの所蔵作品とともに構成するテーマ展、<コレクション+>を開催してきました。今回の<コレクション+>では、「軌跡」をテーマに、絵画、写真、映像、立体、インスタレーションなどの多彩な作品を紹介します。

「軌跡」は人や物事、時間の辿ってきた跡や、あるいは内的な世界の表出、さらに図形を表す線など多くの意味を内包しています。アンドレ・ブルトンの著書『夢の軌跡』では、シュルレアリスムにもとづき「夢」は芸術の根源とされる無意識の象徴とされ、その軌跡は言葉や造形としてかたちを得て、詩や絵画として芸術の華を咲かせます。また「軌跡」とは文字どおり「線」そのものを示しています。線によって描かれるドローイングには思考の源が表れ、また線の軌道が描き出す「円」には、抽象的、幾何学的な形態のみならず、精神的なものを含めた概念や関係性を見出すことができます。本展では、無意識の表象、あるいは行為や運動の記憶など、さまざまなかたちで表出する「軌跡」についての考察を試みます。

————————————————————

会  期:  2021年11月13日(土)~2022年3月6日(日)

開館時間:10時00分~18時00分(入場は17時30分まで)

会  場:アーツ前橋1Fギャラリー、地下ギャラリー

休  館  日:水曜日、年末年始 2021年12月28日(火)~2022年1月4日(火)
     ※2022年2月23日(水・祝)は開館し、2月24日(木)は休館

観  覧  料:一般500円/学生・65歳以上・団体(10名以上)300円/高校生以下無料
     ※ 障害者手帳をお持ちの方と介護者 1 名は観覧無料
     ※ 2022 年 1 月 9 日(日) 前橋初市まつりのため観覧無料

出品作家:
田島弘章、河口龍夫、駒井哲郎、砂盃富男、廣瀬智央、ジャン・デュビュッフェ、佐藤敬、
掛井五郎、マックス・エルンスト、瑛九、ソル・ルウィット、福沢一郎、村田峰紀、
小泉明郎、菅野創+やんツー、金子真珠郎、鈴木ヒラク、津上みゆき、山口薫、榎木陽子、
岡本健彦、塩原友子、オノサトトシノブ、白川昌生、加藤アキラ、鬼頭健吾、伊藤存、武澤久

武澤久《銀河》1991年

田島弘章[題不詳]1962年

福沢一郎《聖母像》制作年不詳

村田峰紀《フェードアウト》2010年      作家蔵

榎木陽子《シティーランナー》2010年

塩原友子《曼荼羅(東西南北)》1985年

鈴木ヒラク《Constellation #19》2017年 写真:神宮巨樹

 

※ 記載のないものはすべてアーツ前橋蔵

————————————————————

関連イベント ※最新情報は当館HP、SNSをご確認ください。

「学芸員によるギャラリーツアー」

日 程: 11/23(火・祝)、12/11(土) 、2022 年 1/22(土)、2/12(土)、3/5(土)
時 間: いずれも 14時00分から
参加費: 無料 ※要観覧券
要事前電話申込 各回先着 10 名 TEL 027-230-1144
※ 新型コロナウィルス感染症拡大状況により、中止・変更の可能性があります。

「アーティスト・トーク」、「オンラインイベント」
新型コロナウィルス感染症拡大状況により開催を検討いたします。


お問い合わせ

アーツ前橋
TEL: 027-230-1144
FAX: 027-232-2016
E-mail: artsmaebashi@city.maebashi.gunma.jp

 

この記事を友人に紹介する