アーツ前橋

展覧会

アーツ前橋開館10周年記念 コレクション+ 手のひらから宇宙まで

2023.7.29 - 2023.9.24

2013年に開館した当館は、今年が10周年にあたります。これを記念して、これまで収集してきた作品をまとめて紹介するコレクション展を開催します。
当館のコレクションは、開館前に前橋市が収集した作品群と、開館以降、3つの方針(①地域ゆかりの作家を中心とした作品、②美術館の諸活動に関連した作品、③アートの創造力によって地域に貢献できる作品)のもとに収集した作品群からなります。
これらの近代・現代美術のコレクションの中から約130点を選出し、身近な静物や人々から始め、風景や世界を経て、宇宙にいたるまでの章を立てて展示します。さらに、こうした幅広い世界や事物を扱う美術館を理解していただく手立てとして、美術館をテーマに、前橋在住のアーティスト、白川昌生に制作を依頼した作品も展示します。

————————————————————————————————————————

会  期: 2023年7月29日(土)~2023年9月24日(日)

会  場:アーツ前橋 地下ギャラリー

開館時間:午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)

休 館 日:水曜日

観 覧 料:一般500円/学生・65歳以上・団体(10名以上)300円/高校生以下無料
    *山の日の8/11(金・祝)、敬老の日の9/18(月・祝)、秋分の日の9/23(金・祝)は入場無料
    *障がい者手帳等をお持ちの方と介護者1名は無料

主  催:アーツ前橋

後  援:上毛新聞社、群馬テレビ、FM GUNMA、まえばしCITYエフエム、前橋商工会議所(予定)

出品作家:石内都、加藤アキラ、片山真理、塩原友子、清水刀根、白川昌生、鈴木ヒラク、
     照屋勇賢、中村節也、南城一夫、廣瀬智央 ほか

————————————————————————————————————————

【関連イベント】

①学芸員によるギャラリートーク
展覧会担当学芸員が展示作品について解説します
日 時:8月5日(土)、8月20日(日)、9月2日(土)、9月17日(日)各日午後2時から3時
会 場:アーツ前橋 地下ギャラリー
参加費:無料(要観覧券)
申込方法:当日会場にて受付

②対話型鑑賞プログラム「おしゃべりアートデイズ」
みんなでおしゃべりしながら作品を鑑賞します
日 時:8月19日(土)、9月16日(土) 各日午後2時から3時まで
会 場:アーツ前橋 地下ギャラリー
参加費:無料(要観覧券)
申込方法:事前申込制、定員5名

————————————————————————————————————————

石内都《絹の夢 #6 桐生 2011》2014年
「第1章 肌理-見ることで感じる触覚」より


中村節也《西瓜メロン》1951年
「第2章 静物-身近なもの」より


村上早《いぞん》2018年
「第3章 見えないものを見えるもので」より


片山真理《30 days in tatsumachi studio》2015年
「第4章 私たち―見られる女性、見せる女性」より


三輪途道《普通のありよう―秀真》2009年
「第6章 私たち―ひとりひとり」より


廣瀬智央《Swiss alps 2004》2006年
「第9章 景色-空景」より

————————————————————————————————————————

お問い合わせ

アーツ前橋
TEL: 027-230-1144
FAX: 027-232-2016
E-mail: artsmaebashi@city.maebashi.gunma.jp

この記事を友人に紹介する