【滝沢達史×アリスの広場】「話してみなきゃわからない」


<前回までのあらすじ>

不登校の若者が通うフリースペース「アリスの広場」に美術部を立ち上げ2回を試みる。

同じテーブルに座れないKさんも絵を描くときは参加できる不思議、絵にはまだ力があるかもしれないと思い3度目の美術部を行う。

 

毎月一度、前橋の地を訪れている。今日は真新しいキャンバスを準備した。今日は何を描くだろう、なんだか初々しい気分で向かう。アリスに着くとMちゃんがもう来ている。最近知った「ひきこもりフェス(*1)」の話題を出すと、Mちゃんも興味があるらしく色々と教えてくれる。不登校業界(?)ではよく知られたイベントらしく、驚くことに埼玉スーパーアリーナの席が完売だという。最近は「積極的ひきこもりが話題になることで、消極的ひきこもりの居場所が無くなっている」など新たな課題が生まれているというから、なんとも活発なひきこもりの業界の多様化は喜ばしい。

 

 (*1) ひきこもりフェス http://hikikomoridemo.jp

 

アリス美術部もそんな多様化の一つとなってほしいのだが、活動は今回で3回目となる。参加者は2人~5人と少人数だが、人が苦手な若者にとってはこれでも精一杯な集団活動だ。今日は久しぶりにO君が顔を見せてくれる。Mさんはほとんど口を開かないが毎度来てくれる。彼女とは今まで話したことがなく、いつも楽しいのだろうかと少し不安に思っていた。そんなことが気になり話しかけてみると、パソコンで描いているという絵を見せてくれた。ペンタブレットで描いたCGアニメは技術的にもかなりのもので、仕事にもすることも可能なレベルに思えた。「これなら充分仕事になるよ」と、背中を押す気持ちで感想を伝えると、彼女からは意外な答えが返ってきた。

『ある程度描けるようになったなった今、自分がこういう絵を本当に描きたいのか疑問を感じるようになりました。もともとはネット上でしか発表の場がなかったから、ネットの流行に合わせて絵を描いて、それは自分が評価されたいからで、本当に自分がやりたいことではないのかもしれない。だから、今はアナログな手法や手触りのある表現、そして現代美術のことも知りたいです。』

そんな彼女の言葉を聞いて、のけぞってしまった。控えめな彼女の中にもこんな情熱がある。

人は話してみなければわからないものだ。

(執筆・投稿 滝沢達史)

 

 

 

 

 

Page Top
×