アーツ前橋

サポーター

あーつひろば成果展示:機織りのオノマトペ~天の川ぎんが【終了】

2022年5月28日に開催したワークショップで、アーティストの西岳拡貴とアーツ前橋サポーター、そして子どもから大人まで31人の参加者が共同で制作した作品を展示しています。
「アオアオしたもの」「ギラギラしたもの」というお題で集められた身の回りの素材を横糸にして、参加者が願いを込めて織り込みました。
1年に一度だけ出会えるという織姫と彦星の物語にちなんで制作された細長い織物は、さまざまな素材がまるで銀河のようにつながって、街に輝く天の川のようです。

■作品名   機織りのオノマトペ ―天の川ぎんが―

■制作    西岳拡貴、アーツ前橋サポーターと市民による共同作業

■展示期間  2022年6月16日(木)~2022年7月12日(火)

■展示場所  アーツ前橋交流スペース

■ワークショップの様子



以上、photo:KIGURE Shinya

※〈機織りのオノマトペ〉は2020年12月、あーつひろばの開催にあたり、アーツ前橋サポーターとアーティストの西岳拡貴がミーティングや実験を重ねながらアイディアを出し合い、生まれたプロジェクトです。

■アーティスト:西岳拡貴

2018年に群馬県中之条町を拠点として活動。彫刻の基本的な概念や技法を使い、立体作品はもとより、インスタレーション、映像作品に取り組む。また、近年では美術の領域だけではなく、食などの領域も取り入れ、美術の可能性を拡張する活動を続けている。また、ワークショップも数多く実施しており、他者との関わりの中から生まれる柔軟なアイデアを形にして作品にしている。

 

 

この記事を友人に紹介する