アーツ前橋

イベント

荒井良二展関連イベント 前橋シネマハウス 特集上映「荒井良二と映画を旅するこどもたち!」

2024.8.10 - 2024.8.23

前橋シネマハウス 特集上映
「荒井良二と映画を旅するこどもたち!」

「前橋シネマハウス」の入口には、前身の「シネマまえばし」開館時に荒井良二さんが直接壁に描いたイラストが。

 

荒井さんおすすめの外国映画や自身が関わった映像作品を見ながら一緒に旅をしましょう。
⑤と⑥は、荒井さんが故郷の山形で開催した展覧会の様子を記録したドキュメンタリー映画です。
※8/11(日)10:00 ~の上映終了後に荒井さんと黄木優寿監督によるアフタートークを実施します。

上映期間|8月10日(土)~23日(金)
会場|前橋シネマハウス(3Fアーツ前橋上)TEL027-212-9127
料金|各回 一般1300円、シニア1100円、高校生以下700円
※相互割引あり(荒井良二展入場券の提示で特集上映の一般・高校生以下200円引。特別上映入場券の提示で荒井良二展の一般200円引)
※上映プログラムは変更になる場合があります。各作品の詳細情報と最新スケジュールは前橋シネマハウスのホームページをご覧ください。

 

『あさになったのでまどをあけますよ』(原画)2011年 偕成社


 主人公としてこどもやこどもたちが出ている映画が好きです。
 おとなには視ることのできないものをこどもの眼が

 世界を凝視しているように思えるからです。
 今回、僕はこどもたちがスクリーンの中に登場する映画を
 多く選んでみました。
 こどもたちももちろん!おとなにも観てほしいと
 心から願ってます!                  
                        荒井良二

上映作品|
①『100人の子供たちが列車を待っている』(1988/監督:イグナシオ・アグエロ)
②『少年、機関車に乗る』(1991/監督:バフティヤル・フドイナザーロフ
③『ミツバチのささやき』(1973/監督:ビクトル・エリセ)
④『大人は判ってくれない』(1959/監督:フランソワ・トリュフォー)
⑤『まわりみち、あしのねいろ』(2011/監督:黄木優寿)
⑥『荒井良二と山形ビエンナーレ2018(仮)』(2024/監督:黄木優寿)

 8/10 土  10:30~ ⑥  13:00~ ⑤  15:00~ ①
 8/11 日  10:00~ ⑤  13:00~ ①  15:00~ ④
 8/12 月  10:30~ ③  13:00~ ④  15:00~ ⑥
 8/13 火  10:30~ ①  13:00~ ③  15:00~ ②
 8/14 水  10:30~ ④  13:00~ ③  15:00~ ⑤
 8/15 木  10:30~ ②  13:00~ ②  15:00~ ①
 8/16 金  10:30~ ③  13:00~ ④  15:00~ ⑥
 8/17 土    13:00~ ②  15:00~ ①
 8/18 日    13:00~ ③  15:00~ ④
 8/19 月    13:00~ ②  15:00~ ⑥
 8/20 火 休館 休館 休館
 8/21 水    13:00~ ⑤  15:00~ ①
 8/22 木    13:00~ ③  15:00~ ⑥
 8/23 金    13:00~ ④  15:00~ ②




荒井 良二
(あらい・りょうじ)
1956年山形県生まれ。『たいようオルガン』でJBBY賞を、『あさになったのでまどをあけますよ』で産経児童出版文化賞・大賞を、『きょうはそらにまるいつき』で日本絵本賞大賞を受賞するほか、2005年にはアジアで初めてアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞するなど国内外で高い評価を得る。2012年NHK連続テレビ小説「純と愛」のオープニングイラストを担当。ライブペインティングやワークショップのほか、作詞・作曲やギターも演奏するなど音楽活動も行っている。2018年まで「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」の芸術監督を務めるなど、さらにその活動の幅を広げている。

この記事を友人に紹介する