中島佑太×南橘団地

中島佑太は、子どもの想像力や本来的に持っている表現を引き出すワークショップの実践経験をもとに、中島が5歳まで育った南橘団地の住人たちを対象にプロジェクトを行います。1960年代から建ちはじめた南橘団地は、全国各地の団地が抱える少子高齢化などの社会問題も存在します。団地が持つ住環境の特性をワークショップや人々との交流を通じて見つめることで、団地の中に存在する「他者の視線」や「不可視の境界」、また団地の中の人の往来や美術館と南橘団地の行き来の問題から「移動」することをテーマに考えます。

project01_img01project01_img02

アーティストプロフィール

中島佑太(なかじま・ゆうた)

1985年前橋市生まれ。2008年東京藝術大学美術学部卒業。幼少期を南橘団地で過ごし、ワークショップを手法に活動。2012年より、清心幼稚園(前橋)で子どもたちとアートの視点を活かして遊んだり蹴られたりする活動をしながら、国内外でワークショップを展開する。子どもを通して見る社会課題や、アーティストの社会的役割の拡張に関心を持つ。
http://nakajimayuta.net/

協力団体・施設

南橘団地(なんきつだんち)

1961年から、前橋市が主導となり市営団地などが整備された。その際に、隣接していた日輪寺町、荒牧町、青柳町の一部の地域を南橘町として独立した行政区とした。全29棟のうち、1965年に建てられた建物も残る。

Page Top
×