滝沢達史×アリスの広場

アリスの広場は、ひきこもり経験者でもある佐藤真人によって二年前に前橋市内にオープンしたフリースペースです。ひきこもりを脱しても、学校や社会へ行くことに困難を感じる若者たちが、自宅とは異なる外出先として利用しています。滝沢達史は、このスペースの利用者としてここに通う若者たちとおしゃべりをしたり、卓球をしたり、同じ空間を共にすることからアーツ前橋の展示を一緒に考えました。社会参加することに困難を感じる若者たちとの対話から、現代におけるコミュニケーションの可能性を考えます。

project05_img01project05_img02

アーティストプロフィール

滝沢達史 (たきざわ・たつし)

多摩美術大学油画専攻卒。東京都特別支援学校にて知的障害児への美術教育に携わった。以後、越後妻有トリエンナーレなど国内の芸術祭にて、土地との関わりを着想に表現を行っている。また、近年では子どもの主体性に任せた学校作りなど、試験的な教育活動にも取り組んでいる。

協力団体・施設

NPO法人 ぐんま若者応援ネット アリスの広場

不登校やひきこもりの若者が家から一歩外へ踏み出すことを目的としたフリースペース。2014年に開所。一人一人の個性を尊重し、それぞれが好きなことをして時間を過ごせる空間づくりをしている。最近では、スペース内での活動のみならず、畑での作業なども導入し、若者の社会復帰支援を行う。
http://npo-alice.org/

support-logo_2

Page Top
×